【あぁ後悔】妊娠中にやっておけばよかったこと39個!

スポンサーリンク




外食(おしゃれなお店や夜の外食、静かなお店など)


■子供が産まれるとまず4年くらいはオシャレな飲食店などは子がうるさいしじっとしていてくれないのでゆっくり落ち着いて行けないので。

■子どもが生まれるとカフェでさえ静かな場所に行きづらくなりました。静かな雰囲気なレストランや少し高級なレストランに行っておけばよかったと今でも思います。

■子供連れでの外食は周りに気を使ったりオムツ替えスペースがあるかを調べたりが大変になります。ゆっくりランチなんて当分出来なくなります。

■鉄板焼屋に行っておけばよかったです。映画も二歳くらいから行けますし、コンサートも赤ちゃんOKのものもありますが、鉄板焼屋には3歳ころまでは危なくて行けないので。

■産後は喫茶店巡りをする時間はほとんどなかったです。それに喫茶店に入ったとしても子供が泣き出すとのんびりすることができないです。

■産まれてからはなかなか行けません。離乳食が始まったり、動くようになると行ったとしてもゆっくり食べることはできません。

■高級レストランは子供NGのところが多いし、OKのところでも子供連れだと気を使うので、妊娠中に行っておけばよかったです。

保湿クリームを塗る(妊娠線対策ケア)


初回購入500円!!妊活中・妊娠前なら 【ベルタマザークリーム】 商品購入
■一人目の時は毎月体重チェックが厳しいのでかなり気をつけていたつもりだったのですが、ちょうど予定日の1週間前に実家に戻り母の料理を食べた途端にいきなり体重が増加して妊娠線ができてしまいました。

■気をつけていてクリームやベビーオイルでケアしていたのですが、結局できてしまいショックを受けました。しかも気づいたのは出産後でした。

■産後胸の下に妊娠線ができたため。お腹ばかりにささていてらお腹はできなかったけど、胸の下にできてしまいました。

■妊娠中期あたりから妊娠線が出来てきて産後の今では、お腹、胸、太もも、おしり、膝の裏、肩周りに肉割れの跡があるからです。

■妊娠線はできていないと思っていましたが、お腹が大きくなると、見えていないだけでした。お腹の下の方にできる妊娠線は、自分からは見えなくて、今となってはすごく目立ちます。

■そこまでお腹が大きくなっていない時は無かったので、油断して保湿を忘れる日があったが、出産後下腹部が見えるようになると妊娠線ができていた。お腹が大きかったせいもあるかもしれないが後から後悔しました。

■塗ってはいましたが、もっとこまめにちゃんとケアしていたら妊娠線ももう少しマシだったかなと後悔しています。

■1日1回クリームを塗ってケアしていましたが、里帰りをした妊娠8カ月頃から急にお腹が大きくなり、結局妊娠線が出来てしまいました。今でも消えていないので、もっとマメにケアしていれば良かったです。

旅行・遠出


■子供が生まれたら1ヶ月は外に出れません。1ヶ月経ってからも寒さ暑さを気にしたり、ウイルスなどを気にしたり、予防接種や検診の予定がいっぱいで旅行どころじゃありません。もう少し遊んでおけばよかった!

■産後は何かと出かけるのが大変になるから。子どもの荷物も増えるし、授乳にオムツ替え、ご機嫌じゃなくなるとぐずるしで、お出かけ中も子供ばかりに意識がいってゆっくり楽しめなくなるから。

■子供が産まれるとなかなか遠出の旅行ができず、さらに子供が小さいうちはいつ体調が悪くなるか予想もつかなく泊まり掛けの旅行ができないから。

運動・体重管理


■妊娠8ヶ月くらいまでは特に目立った体重増加も無かったたのですが、9ヶ月からどんどん太りだし、かと言ってお腹が大きくなってから急に運動することも怖くて何も出来ずにみるみる太ったので。

■産後体重が戻らないよりも、マタニティ期間で癖付いた歩き方があって腰への負担がかなりありました。体重管理、適度な体のメンテナンスは、産後赤ちゃんとの生活が始まるうえで一番大切です。

■産んだら痩せると聞いていて安心していたのに全く痩せず、運動する時間もなかなかなく、体力もなく、お腹もお尻もダルンダルンになってしまった。

■妊娠中はなにも考えておらず寝て寝て。の繰り返しでした。出産時赤ちゃんがあまり下に降りてこず妊娠中の運動の大切さを感じました。

■1度流産して慎重になりすぎて動かず安静に毎日していたら体重が増えて産む時に赤ちゃんが大きくなりすぎて大変でした!

■妊娠中はあんま動かなくなって体が固くなるので妊娠中にでもできるヨガをやってれば良かったとつくづく思いました。

■妊娠中15キロ太ったので、産後戻すのがとても大変。食事制限して体重をもう少し押さえておけばよかったと思う。

■ある程度歩いておけば、体力的にもゆとりをもてるし、出産はかなりのスタミナが必要なので出産後にかなり後悔した。

■出産のとき体のかたさで困ることがあった。いきみやすいのはやはり体が柔らかい方がやり易いような気がしたから。

■妊娠中17キロも太ってしまい、難産になってしまいました。しかもなかなか体重が戻りません。10キロは普通に戻ったのですが、それ以降はなかなか戻りません。

■出産時に体力を使うので、体力作りの為にしておけば良かった。それに産後1ヶ月はまともに動けないので、ある程度動けるうちにしておきたかった。

■妊娠後期になりおなかが大きくなると家にいることが多かったのですが、そのせいか産後にがっくりと体力が落ちていました。妊娠していてもできる体操を時間がある時にしておけばよっかたと思いました。

マタニティフォト


■大きくなるお腹の様子を定期的に写真に撮っておけば良かった。振り返ってみると妊娠中に撮影した写真は1~2枚ほどしかないので、とても残念。

■最近はかわいく写真を撮ってくれるフォトスタジオが増えてるので、絶対記念に撮ったほうがいいです!子供にもお写真を見せれるし。

■赤ちゃんがお腹の中にいる大切な思い出となる写真なので。産まれる前のお腹にいる状態ってその時しか見られないので是非記念におススメです。

■お腹の大きくなっていく過程がわかるので、月齢毎のマタニテイフォトを撮っておけばよかったです。

■私は、臨月に入る前くらいからお腹の写真を撮り始めました。もっと前から撮っておいたら写真も増えて楽しいなあと思います。

■一生に一度の事だったから記念になるし、子供に見せたり先々には、孫に見せたりできたら楽しかっただろうなぁと思うから。

■1ヶ月ごとにお腹の写真を撮っておけばよかったと思います。

デート


■育児中は2人きりで出かけることがありませんし、夜に出かけることが出来なくなります。夜食事をしたりなど旦那さんとの時間をもっと持っておくべきだったと思います。

■生まれたらしばらく行けないし、子連れでは入りにくいお店も結構あるため。親などに預けられればいいが、娯楽などのために親に預けることは出来ない環境なので、もっと行っておけばよかった。

■出産すると出かける場所が子連れでも大丈夫な所に限られてオシャレな場所に行けなくなるし、旅行も行けなくなるから。

■中々2人きりで旅行に行くことはできなくなるから、たくさん遠出の旅行をしておけばよかったと思いました。

■出産後は二人の時間が激減。というかありません。近所を散歩する、家でDVD鑑賞など、なんでもいいのでもっとデートをしておけばよかったです。

■子供が生まれるとしばらくは出かけることすらも大変になるので、夫婦2人の時間があるときにできるときにしておけばよかったと思う。

■産後は旅行はもちろん近場への外出も思うように行動できないから。特に主人と2人で出かける機会がほとんどなかったのは今でも悔やんでいる。

エコーアルバム作り


■産後でいいかと先延ばしにしていたが、初めての育児は想像以上に赤ちゃんが寝てくれなく、まとまった時間と取れないので、未だに完成しておらずやっておけば良かったと思いました。

ゆっくりお風呂に入る


■子供が産まれると1ヶ月は、湯船に浸かることもできないですし、1ヶ月経っても子供がいるとゆっくりとお風呂に入っていられないからです。

簡単に作れるおかずのレシピリストアップ


■里帰りをしなかったので産後すぐ最低限の家事をこなす必要があり、ごはんの準備は本当に大変だったので。出産前に作り置きをして冷凍もしてましたが、あっという間になくなってしまいました。

■出産後は、バタバタと忙しくなるため家事を完璧にこなすことが難しかったので冷凍食品や長期保存ができる食品を買いだめしてれば少し育児に余裕が持てたと思うから。

保育園や地域の情報収集

■出産後すぐに体調が戻ることもなく、自分自身の時間を作るのが難しかった。保育活動するなら妊娠中や子作りするときに少しは知っておくべきだったと反省しています。

歯医者に行く

■子供が生まれると自分にかける時間が圧倒的に減ります。美容院などは我慢できますが歯の痛みは我慢できません。

■子供がいると一緒に行って抱っこじゃ無理だし、まだ小さいから待ってる事も出来ないので、妊娠中だと、先生も優しく対応してくれそう。

子供用に服やおもちゃなどを手作り

■生まれてからは手作りする心や時間の余裕がなくなったので、家でゆっくり出来た妊娠中に作っておけばよかったです。

妊娠出産の際のお金の勉強

■出産手当金や育児休業給付金等の仕事を休んでいる間のお金がいつもらえるか等をもう少し勉強して、支出に備えるべきでした。

資格取得・勉強

■子育て中、子供につきっきりで何もできない。将来の事を考えると何か勉強をして、就職に役立てたいと思ったから。

■産後はなかなか時間がなく、子供を病院に連れて行ったり、自分が休まないといけない時期に休めなくて勉強をする時間が作れなかった。

■子どもが生まれるとやはり時間がなくなってしまうので、自分の時間がもてるうちにやっておくべきだと思います。

産後の情報収集・育児用品の準備

■授乳ブラはいくつか産前に買いましたが、いざ使うと使い勝手に差がありました。肌に優しい素材、赤ちゃんの顔に触れても金属やボタンがすれないなど、生地がたるまないものをみつけておきたかったです。

■例えばオムツ交換も、親戚に赤ちゃんがいたわけでもないので経験がなく、出産すると共に助産師さんからは指導もなく病院で自分ひとりで苦労しました。

■突然の入院でバタバタになり2人目だったのでゆっくり準備しようと思っていたのでどこに何があるかの把握もしていなくて必要なものをそろえる時間もなくて困った。

映画を見る

■子供が産まれると自分の予定は全く立てられず、2時間も何かに集中することは全くてきなくなってしまったから。

■出産したら、忙しくて、映画を観に行けないし、子供を連れて行くとやはり泣いてしまい周りにも迷惑がかかるので。

哺乳瓶を買う

■生まれてからすぐに母乳が出ないので、哺乳瓶を買っておけばよかったのになぁと後悔したから。ミルクはサンプルなどでもらえるが、哺乳瓶はもらえないから。

葉酸サプリメントや鉄分のサプリメントの摂取

■妊娠中から産後にかけて貧血がひどく、薬を処方されたり、産後の出血が多かったのと、物忘れ、立ちくらみもひどく日常生活が大変でした。

■あまり食生活もしっかりしてなく、手軽に栄養素を取れるなら摂取してちょっとは栄養を蓄えるべきだったから。

乳房マッサージ

■母乳の出があきらかに全然違うからです。第一子で、陥没乳首だったので、余計しとけば良かったと後悔しました。

■一人目を妊娠中には、おっぱいマッサージはしていませんでした。二人目の時はしました。明らかにおっぱいの出が違うので、やっておいた方が良いと思います。

■母乳の出がわるく、産後看護師さんから乳首を絞られるのが痛すぎて泣きました。もっとしっかりとおっぱいマッサージをして少しでも母乳が出しやすくなるようにすればよかったです。

■出産の後は痛くつらかったです。母乳も出ると思いますが、妊娠中にマッサージするのと、産後にするのでは、痛さが違うような気がします

乳頭のお手入れ

■授乳は「赤ちゃんが飲む」それだけだと思っていましたが、出産後自分の乳頭が大きくて硬いためスムーズに授乳できるようになるまでに2,3か月かかりました。

読書

■産後は育児が忙しくて、本もテレビも見る暇がないからです。育児はこの先何十年も続くので、これからも暇がなさそうです。

■赤ちゃんが産まれるとしばらくは本を読んだり、映画を観る時間がない。赤ちゃんが寝てる間にビデオを観たりできるとは思うけど、観てる途中で赤ちゃんが起きたりするから、ゆっくりは観られないから。

ひとりの時間を過ごす

■産後はとにかく自由な時間もなく、外出先でのんびり過ごすことができません。妊娠中にたっぷり1人の時間を満喫しておくべきだったと後悔しました。

■出産してからは、子供の世話で忙しくて自分の時間が全然取れなかったので、もっと自分の趣味に時間をかければ良かったです。

■出産を機に一人の時間はほとんどなくなりました。家事育児に追われながらも楽しい日々を過ごしていますが、たまに趣味に没頭したいと思う時もあります。

■出産したらずーっと赤ちゃんと一緒だからです。人によりますが、専業主婦で子供を幼稚園に入れるまではほぼ一緒で一人でゆっくりランチや映画、買い物ができないからです。

友達と会う

■出産後だとバタバタしていて、友達となんでもない普段のおしゃべりが貴重に思えます。一緒にランチしたり楽しい時間をもっと作ればよかったです。

■子どもが生まれてしまうと子どもがいる友だちとは遊べても、子供がいない友だちとは、時間感覚などがズレてしまい、なかなか遊べなくなってしまいました。

■子供が生まれてからはなかなか自分の時間が取れないので、時間があるうちに友達に会っておけばよかったなと思いました。

■産後しばらく、友人とゆっくり過ごす時間がなくなってしまいます。友人も気を遣ってすぐに帰ってしまうため、妊娠中にゆっくり友人とディナーをすればよかったです。

甘いものを食べる

■出産後母乳で育てようと思うとなかなか甘いものが食べれなくなるからです。調子に乗って食べすぎると乳腺炎になりかなりしんどい思いをすることになるからです。

会陰マッサージ

■産院やマタニティ雑誌では、マッサージするように言われていましたが、面倒であまりマッサージしませんでした。3人目のお産のときに裂けてしまい縫合するはめになりました。産後しばらく痛みと違和感がありました。

部屋の大掃除・断捨離

■産後は忙しくて掃除、片付けする余裕がないです。赤ちゃんの荷物も増えるし断捨離した方がいいと思います。

■産まれてからは物も増えるし、育児にかかりきりになるので妊娠中に家中をすっきりさせておきたかったです。

■子供の荷物が増えるので、収納場所に困っています。パソコンのメールやカメラのデータ整理も、落ち着いてできるうちに進めておけばよかったです。

■赤ちゃんのお世話におわれ、掃除をする全く時間がありません。1日何もできないで終わる日なんて結構あります。

保険の見直し


【県民共済】の見直しなら”保険のビュッフェ”
■産後に検討しましたが睡眠不足で考えることが辛かったです。パンフレットをみるとかネットで調べるとか事前に調べることが重要でした。

失業保険の受給延長

■雇用保険加入6ヶ月以上なら妊娠理由の退職は失業保険が貰えるのを知らずに居ました。その後に知ったので勿体無いことをした、もっと調べれば良かったと思いました。

夫婦の会話を増やす

■出産後は第一子の出産後は生まれたあとはお互いに余裕がなくなり、イライラも増えて意見がぶつかってばかり…

■産後の育児が全く分からず不安だらけ、案の定大変でした。夫の理解が得られず体力的にも精神的にもつらかったです。

胎教

■胎教に音楽を聞かせたほうがいいとはわかっていたが、なかなか続きませんでした。

■お腹にいる時に音楽を聴かせる事はいいことだと聞いていたけど、あまりできていなかったのでしておけばよかった。

あかちゃんの名づけ

■本で名前を調べたり、考えていましたが、生まれてからも悩み続け届出がギリギリになったりしてゆとりがなくなりました。また神社等で名前をみていただくこともしておけばよかったかなと今では思っています。

寝たいときに寝る

■子供が産まれると本当に自由に眠れなくなったから。睡眠が大好きなので、自分が寝たいときに寝れないことが辛かったです。

出産内祝をおくる方の住所録作成

■送り先一件ごとに調べて入力して確認して…の作業は産後の目には大変です。住所録として一覧化し、簡単にコピペできるようにしておくととても楽です。

マタニティアート

■もうすぐ10ヶ月の時にしとけばよかったなぁと思いました。マタニティアートは写真として残せるのでいい思い出になると思います。

写真の整理

■携帯に溜まってるのを、現像してもおいつかない。子供が動くようになればもっとできない。自分の時間がたくさんある妊娠中にしておけばよかった。

ヘッドスパ

■産後抜け毛がひどくなったが、赤ちゃん連れでケアしに行く事が難しかった。今思えばマタニティ期間にリラックス効果もあるし時間も作りやすかったから。

髪を切る

■産後は子供がいるのでなかなか自分の時間というものがありません。髪の毛はすぐ伸びてしまうので切っておいた方がよかったと後悔しています。

可愛いヘアアレンジ

■ゆっくりと自分の支度をできるのも、我が子が産まれる妊娠前だけ。産後も抱っこしたりする時に髪の毛は邪魔だから基本ひとつ縛りです。妊娠中にもっともっと可愛いヘアアレンジをしてお出かけしてれば良かったです。

在宅ワーク

■妊娠中はたくさん動くこともできず、家で過ごす時間が非常に長いため、暇な時間をどう過ごすかがとても大切になります。在宅ワークができれば、お金を稼ぐことができ、産後の資金になると思います。