【出産レポNo.84】会陰切開は気づかないうちに終了。

スポンサーリンク




私は今2人の子供がいますが1人目は24歳の時に産みました。38週と3日、寝ていると夜中に何か漏れた感じがして起きました。
その時は実家にいたので母親に『なんか尿漏れみたいな大量に出た』と言ったら『破水したんだね、病院に電話かけて』と言われ、電話をかけ状況を話し入院準備していた荷物(着替え、赤ちゃんの肌着、服、母乳パット、骨盤ベルト、産褥ショーツなど)を持ちとりあえず実家の親が運転して車で病院に向かいました。

破水していたのでお風呂には入れないのでお尻の穴を塞ぐように(赤ちゃんがでないように)抑えてました。
実際まだ陣痛がきていなかったので必要なかったのかもですけど…
破水だけで陣痛がきていなく病院ついて点滴をしながら陣痛待ちをしていました。

子宮口も全然開かずそのまま朝を迎えて少しずつ陣痛が始まりお昼前におしるしがきました。
母親とその時一緒にいた妹が立ち会ってくれて普通分娩で13時半すぎに産まれました。かかった時間は12時間です。
12時間で安産でしたけど破水したらすぐ産まれると思い込んでたので長く感じました。

それと病院についてちょうど出産ラッシュだったのか、2階の病室がその時空いてなくて1階の簡易病室で出産ギリギリまで過ごしました。

陣痛の間はとにかく腰が痛くてその度に助産師さんに腰を擦ってもらってました。
元々腰痛持ちなので尚更痛かったです。
陣痛間隔2分位になって2階までの階段を助産師さんと一緒にのぼったのは結構辛かったです。
辛かったというだけで陣痛の痛みでほぼ目が開いていなかったと思います。

それからは分娩台で助産師さんの言う通りにいきみながら産まれるのを待ちました。
産まれた瞬間、一気に力が抜けますし産まれたての赤ちゃんに感動したり何とも言えない時間です。
陣痛で叫ぶ人もいるみたいですがそうすると母親が疲れたり余計産まれづらいみたいです。(変に力が入るから?)
会陰切開も産む前は『痛いのかな…』『あそこを切るって想像できない』と思っていましたが陣痛の痛みで気付かない間に終わってました。縫ってる時だけ痛みはなかったですが縫われてる感覚があり不思議な感じでした。

朝から何も食べてなかった妹があまりにもお腹減りすぎて立ち会い途中で目眩がしたみたいで出産した後近くのコンビニで母親と一緒にお昼を買っていたみたいで出産後の病室に誰もいなくてビックリしたのを覚えています。
私も朝とお昼は陣痛真っ最中で食べれなく病室に戻ってから親が買ってきてくれたのを食べたのを覚えています。