【出産レポNo.9】産院から1度帰宅し2度目の入院で無事に出産できました

スポンサーリンク




私は24歳で初めての出産をしました。30週あたりから、マタニティビクスなんかも初めて、周りの人からも下がってきているから生まれるの早いんじゃないかなと言われていました。それで、36週を過ぎてからいつ産まれてもいいように覚悟をしていたのですが、全然産気づかずでした。

検診のたびに子宮口がどれくらい開いてるか、赤ちゃんが降りているかというのを楽しみにしていたのですが、赤ちゃんは下がっていても子宮口が全然開いていないと言われ続けていました。そんな中、私が妊娠39週の時に同じくらいの予定日のマタニティ友達が、一気に産気づいて出産したんです。

それで少し焦ったのですが、私は全然産気づかず、お散歩なども頑張っていましたが、さらに本腰を入れてマンションの階段を往復したり、スクワットも始めました。それでも結局予定日までは何も予兆がなくて、予定日の前々日におしるしが来たのですが、前駆陣痛ばかりで腹痛の間隔はどんどん伸びていきました。

予定日(40週)になって、とうとう間隔が5分間隔にまでなったので、陣痛だと思い、入院準備をしてから実家の母に連絡をして車で迎えに来てもらい、病院に連れて行ってもらいました。持ち物については、パジャマや下着(産褥ショーツを含む)、バスタオルなどの入院セットと、貴重品、母子手帳などです。

そのままLDRに入り様子を見ていました。行ったのが夜の23時ごろだったので、眠れるようなら眠りなさいと言われて少し寝たかったのですが、腹痛と緊張であまり眠れませんでした。それから朝が来ても全然間隔が短くならないので、動きなさいと言われ、階段の上り下りをしたり、スクワットをしてみたのですが、それでもあまり効果がなく、ひとまず家に帰ることになりました。

実家の母が家に送ってくれて、ひとまずお家でゆっくり過ごしていたのですが、まだ腹痛は続いていて眠ることはできませんでした。それからお風呂に入ったり、ご飯を食べていると、どうも腹痛というよりも腰痛がどんどんひどくなっていて、どんどん間隔が短くなっているので、病院に電話をしてまた行くことに。次は陣痛タクシーにお願いをして、タクシーで連れて行ってもらいました。

その時は、お義母さんと、お義姉さんと、旦那と一緒でした。1回目に入院をした時に既に入院セットについては置かせてもらっていたので、今回は貴重品や母子手帳だけの持参でした。それで旦那さんにずっと立会いをしてもらっていて、お義母さんやお義姉さんに腰をマッサージしてもらいながら、ついに子宮口が全開になりました。

子宮口は全然ひらいてこなくて、ずっといきみ逃しをしていましたが、もう全開になったからいきんでいいよと言われると逆にいきめないくらいでした。それからなんとかお産が進んで、結局一回帰ったことで分娩時間がリセットされたため、記録的には11時間で出産となりました。普通分娩でなんとか出産できて良かったです。