「いつから始まる?」妊娠初期症状を徹底チェック!!

スポンサーリンク




目次

みんなの妊娠初期症状の体験談

妊娠を希望している人にとって、とても気になることは「妊娠初期症状ってどんな感じなの?」「妊娠の超初期症状っていつから?」「妊娠検査薬はいつから使えるの?」といったことだと思います。

すでに妊娠を経験したママさん達が『実際に体験した妊娠初期症状』について教えてくれました!

同じような症状があれば妊娠しているかも!?ひとりひとり違うのが当たり前ですが、参考になることもあると思うので、ぜひ読んでみてください。

妊娠初期症状:子宮の痛み・微熱・胸の張り・おりものの変化

私は妊娠超初期から体の不調がありました。まず最初に感じたものとしては生理一週間前から子宮の痛み。チクチクしたような痛みで今まで感じたことがなかった痛みだったので子宮ということもありかなり不安でした。

そして常に体が熱く、37度の微熱がずっと続いていましたしインフルエンザのように関節の節々が痛くなっていたり、胸が張ったりあまり食欲がまったくわかないので困っていました。

おりものも血が混じったようなおりものが出たりと、明らかに体調の変化はありました。ただ、私はPMSも常につらいタイプだったので特に気にしてなかったというか、また生理が来るんだな程度に思っていました。私は食べ物の変化というよりも食べ物自体、すべてを受け付けないような感じで一口でも食べてしまうと気持ち悪くなってしまうので飲み物だけをずっと飲んでいたような感じでした。

かなり具合が悪かったので頭には妊娠の文字もよぎっていたりしていたので、お酒は飲まないようにしていたり、あまり無理しないようにと細心の注意も払っていました。
それから体調が悪いながらもなんとか乗り越えて生理が来るのを待っていたのですが、全然来ず。どんどん体の不調が悪化していて、特に吐き気が一番つらくなっていきました。ご飯の炊ける臭いが本当に無理でそのにおいだけで吐いてしまったり、また旦那の臭いもダメで、家でも常にマスクが欠かせないようになっていました。

いつもであれば生理予定日を過ぎて3日ほどで妊娠検査薬を使用したりしていたのですが、いつも生理が来てしまってガッカリしていましたし、最高でも5日くらいでしたら生理が来ないことも生理不順の私には正直よくあることだったので、この時はまだ妊娠検査薬は使用せず、生理予定日から1週間過ぎたころに使用してみました。
いつもであればすぐに陰性がわかりガッカリしていたのですが、この時はいつもより速いスピードで1本使用してすぐにくっきり陽性反応が出ました。かなり濃かったと認識しています。

正直この時はあまり実感はなかったのですが、体調不良はこれだったのかと改めて思いましたし、これが今後続くとなると相当辛いなとも思いました。凄く嬉しくて感動しました。6週になってから産婦人科に行き心拍も確認でき改めて妊娠が発覚しました。
妊娠のことは検査薬をした日に旦那に伝え、母やそのほかの家族にはしっかりと産婦人科に行ってから伝えました。

妊娠初期症状:体が温かい

不妊治療を初めてちょうど一年、妊娠初期症状に対しては普通の方より敏感な方だったのかもしれません。最初に症状を感じたのは、万年冷え性の体が少しだけ温かいと感じたことと、胸の張りからでした。

しかし胸の張りは毎回生理前に感じるため期待せず、生理予定日よりもまだ3日も前でしたが一応フライングで検査をしてみました。するとみるみるうちに陽性反応の証である縦線が現れたのです。

しかし私はそこで素直に喜べませんでした。なぜなら過去4回化学流産を経験していたからです。陽性反応が出ていても数日後には反応が消え生理が始まる…この経験の繰り返しから手放しで喜ぶことはできなかったのです。

ですから、夫に伝えるのはちゃんと病院に行って妊娠判定をいただいてからと決めていました。その日から病院に行くまでの約10日間、毎日朝、夫にばれないようこっそりトイレで妊娠検査薬をするのが日課になりました。

長すぎる、永遠だと思えるような毎日。不安でたまらなく、いつこの陽性反応が消えてしまうだろうと、検査薬を見るのに毎回勇気がいりました。しかし私の不安をよそに日に日に濃くなっていく検査薬。嬉しくてたまりませんでした。

当時アルバイトをしていたのですが、生理予定日を過ぎた頃から喉が渇くと軽い吐き気を感じるようになりました。それと同時に汚い話ですがゲップも出るように。しかし全然苦痛になんか感じません。

初期症状だと思うとこの気持ち悪さも愛しくてたまりませんでした。お腹の子を第一に考え、立ちっぱなしで力仕事もあるバイトを辞めようと早々と決め、夫に伝えるよりもまず最初に私が妊娠報告をしたのはバイト先の上司でした。

喜んでくれその月一杯で辞めることが出来ました。とても理解ある上司で感謝でいっぱいです。陽性反応が出てから10日後、その日は嘘のような本当の話ですが、私の誕生日でした。不妊治療中でしたので夫には定期健診だと嘘をつき病院へ。待ち時間は心臓が爆発しそうでした。

診察室で「おめでとうございます」と言われたときは自分のことなのにどこか他人事で、「え、ええええ…」と情けない声しか出ませんでした。エコー写真を渡されたときにやっと、「私妊娠したんだ!」と感じることが出来ました。人生で一番最高の誕生日プレゼントです。涙が止まりませんでした。その日でちょうど5w0dでした。

その夜夫にようやく報告することが出来ました。泣いて喜んでくれ、この人をお父さんにしてくれてありがとうと心から思いました。

その日から1週間後の6w頃からつわりが始まり、飲み物はオレンジジュース、食べ物はハンバーガーしか口を通りません。立ち眩みも頻繁でした。妊娠前より4キロ減りましたが夫が支えてくれたのとこれまでの不妊治療の日々があったので、一度も「早くつわり終わって~」「もう嫌!」と思ったことはありません。現在妊娠7か月。このままこの大切な命が無事に生まれてきてくれることを心から願っている毎日です。

妊娠初期症状:熱っぽい・酸っぱいものが食べたい・ピンクのおりもの

私が妊娠した時、いつもの生理前とは違うような「これは、妊娠初期症状なのかな?」という症状がいくつもありました。

まず、一番感じたのは身体がいつも熱っぽかったということです。私は基礎体温を記録していたのですが、高温期に入ってからいつも以上にポカポカしていました。あまりにも熱っぽいので「風邪ひいたのかな?」と思うほどでした。基礎体温もいつもより高温になっており、「これは妊娠しているのかも?!」と毎日期待していました。

また、その頃には「酸っぱいものが食べたい!」という感じが強くなっており、梅干しやグレープフルーツなどを食べていました。普段はそんなに酸っぱいものは好きではありません。

また、胸はいつも生理前には張っていたので、特別妊娠初期症状として張っているとは思いませんでした。しかし、私が決定的に「妊娠している!」と思ったのはおりものの変化です。生理予定日頃に、薄いピンク色のおりものが出ました。「もしかして生理が来たかな?」と思ったのですが、次の日には無色のおりものに変わっていました。

そこで私は「もしかしたら、着床出血かもしれない!」と思い、2,3日後に妊娠検査薬を使用しました。生理予定日から1週間後に使える検査薬で朝の尿で検査すると陰性…。でも、その検査薬を捨てずに取っておいて夜また検査薬を見てみると、うっすらと陽性の線が!!

本当にうっすらとした線でしたが、細くなく太さは陽性の線と変わらない太さでした。
その後、生理予定日当日から使える検査薬で陽性反応、1週間が過ぎた頃に、1週間後から使える検査薬ではっきりとした陽性が出るようになりました。

最初に検査した日は陰性だったのですが、日にちが経つにつれてどんどんはっきりと濃い陽性が出るようになりました。また、尿をかけた瞬間からすぐに陽性が出るようになりました。

結局、産婦人科に行くまで、陽性が出るのが嬉しくて妊娠検査薬は5本くらい使っていました。初めて産婦人科に行ったのは、生理予定日から3週間後でした。その頃にはしっかりと病院でも妊娠反応が出て、エコーでも胎嚢が確認できました!

待ちに待った妊娠だったので、妊娠検査薬は夫に見せて2人でとても喜びました。出産した今でも、妊娠検査薬はとってあります!フライング検査は賛否両論ありますが、妊娠しているなら、フライング検査をしても陽性が出ると思います!また、私のように陰性から陽性になることもあるので、 生理が来るまでは諦めないでほしいと思います。

妊娠初期症状:微熱・だるい

私の妊娠初期症状は、まず微熱が続いたので風邪のひき始めと症状が似ていました。そして常にだるい感じがしていました。その時はまだ妊娠だと分からなかったのですが、前の生理から1ヶ月以上経っても生理が来なくなったので念のため妊娠検査薬で調べてみる事にしました。

すると妊娠反応が出たのでとりあえず夫と母に知らせました。妊娠検査薬は一本ではっきりと反応が出たので、それ以上は使いませんでした。日にちが経っても検査結果消えずそのままでした。

それからすぐに産婦人科に行って診てもらうと妊娠から5週経っている事が分かりました。生理予定日からどれぐらい経っていたかは記憶にありません。それからさらに3週間経った頃つわりがはじまって苦しめられました。

普通に生活しているだけで吐きそうでつらいのでとても困りました。ご飯を作るときの食品のにおいをかぐとよけい吐きそうになるので、休みながら食事の準備をしました。気分がまだましの時に買い物をしたりしてなんとかしていましたが本当に辛かったです。

産婦人科に検診に通うのも困難でしたが、行かない訳にも行かず苦しかったです。妊娠中だったので薬を飲んで吐き気を止めるという訳にもいかず、ひたすらたえていました。

お医者さんからは食べたくないときは無理に食べなくてもいいので、水分補給だけはしてくださいと言われました。吐き気で食欲がなくなるのでなんとかしなくてはとつわりがましになる食品を探したところ、梅干しでかなり気分が良くなることがわかりました。

食べている間は不思議なぐらいつわりを感じなくなるので、私はほぼそれでしのぎました。あと、カレー味のカップヌードルもなぜかおいしく食べられたので、妊娠中ジャンクフードは極力避けていましたが一度だけ食べました。

そしてさらに酸味のある食べ物が割とつわりを楽にする事が分かったので、酢の物を多く食べたり、焼き魚などにレモンをかけて食べていました。しかしながら食べ物しかつわりを抑える方法を知らなかったので、起きている時で食事時ではない時は梅干しのお湯割りを少しずつ飲んでしのいでいました。

そして横になってつわりがおさまっていくのを待ちました。つわりの時は妊娠しなければこんなに苦しくなかったのにとかネガティブな事を思ってしまっていましたが、順調に赤ちゃんが育っている証拠だしつわりはいつか終わると信じて耐えました。体重は食べないので増えなくて心配でしたが、その後増えていったので大丈夫でした。

妊娠初期症状:胸がムカムカ・体が熱い・胸と乳首が痛い

二人子供がいますが、いずれも妊娠すると何かしらもしかしたら妊娠しているかもしれない。という兆候はいくつかありました。

検査薬は生理予定日に使用してみたらうっすらと陽性の判断がでました。5日後にもう一本入っていた検査薬で検査してみるとすぐに陽性反応がでたので、その時点で主人に報告しました。

しばらくは大切に検査したものを大事に持っていたくらいうれしかったです。その翌日に主人と近くに有名な産婦人科があったので診察に行きました。最初に問診を書きもう一度尿検査をしました。

そこで妊娠反応がありようやく診察してもらいエコーをとってもらい写真をいただきました。ともて愛おしくて大事に守ろうと夫婦共に誓いました。それから2、3日するとなんだか胸がムカムカしてきたので、これがいわゆる悪阻か、と思い軽く考えていたのですが苦手なものと吐き気をもよおすものが日に日に増えていきました。

最初の子の時はかつお出汁の匂いと炊飯器から出るぬかくさいお米の炊ける匂いが強烈な反応になり、ご飯が炊けて混ぜる時は息を止めて混ぜていました。お米を食べるのは全く平気でしたが、かつお出汁の味噌汁、お吸い物やうどんはどうしても受け入れられませんでした。しかし何故か食べないと気がすまない食べづわりも同時に発生し、それも脂っこいものが食べたくて仕方ないようになり毎日ハンバーグ等を食べていたら塩分制限を受けてしまいました。

二人目の時のつわりは一人目と全く反対で脂っこいものを全く受け付けず、巻き寿司とざるそばというものがとても食べやすく毎日のように食べていました。しかも食べづわりではなく、食べてしばらくしたら吐くの繰り返しでトイレで気が遠くなりかけた事もありました。二人とも共通してあったのがとてつもない眠気でした。一日のうち15時間は眠っていました。誰かと話していても眠い、とにかく眠いという状態で仕事を続けていたのですがとても勤まらないと思い、2回とも勤めていたアルバイトを初期で退職しました。

その他に体にあった変化では体があつく氷をずっと口に入れていたいと思うようになった事や、胸が思春期の時のように痛くなった事です。乳首もとても敏感になり普通のブラジャーをしていると擦れて痛くなるし、胸全体が痛く感じました。

張り感もあり苦痛でした。下腹部痛はそんなに無かったですが思い荷物を持った際にチクッとした痛みと少量の出血がありました。焦ってしばらくは大人しくしていました。妊娠している間は苦痛が多かったですが、初期は2ヶ月間程辛かっただけですし、おなかも小さいのでまだ動きやすかったです。

妊娠初期症状:寒さ・起床時ぽかぽか・眠気・のどが渇く

妊娠が発覚したのは冬だったのですが、とにかく寒くてたまらない!ストーブが付いているのに震えるほど寒くてずっと暖房器具を付けっぱなしにし、ルームソックスや腹巻きで防寒対策をしていました。

となりに居る夫はトレーナー1枚で過ごしているのに私は雪山に居るような格好になっていました。腹痛や腰痛などは一切なく生理が遅れているな~今年の冬は寒いな~と思っていました。

熱なども無かったので風邪を疑うことも無かったです。ただ起床時だけはぽかぽかと温かく、起き上がるまでの眠気が酷かったです。二度寝したら起きられないくらい眠くて眠くて仕方なかったです。

生理予定日を一週間ほど過ぎたのですが、おりものもいつも通りの色で胸が張ることもなく妊娠の可能性など微塵も考えずに過ごしていました。味覚などで変わったことといえば喉が渇いたことです。あまり水分を摂らないタイプだったのに500mlの水筒では足りず、追加でお茶などを買っていました。でもこれも冬場だから空気が乾燥しているんだなと思っていました。

妊娠検査薬を初めて使ったのは予定日を三週間ほど過ぎた辺りでした。さすがにこれはズレ過ぎだろうと思い、予め買っておいた検査薬を使ってみました。同じように不安になり使用したら陰性だった事があり今回も杞憂だろうと軽い気持ちで検査したらくっきりと陽性の縦線が出て驚きました。

何かの間違いだろうと思いましたがあまりにもはっきり出たのでその後すぐに産婦人科に電話をしました。本当は時期を空けてもう一度試そうと思ったのですが、動揺のあまりそのままの勢いで一番近い産婦人科に予約の電話を入れてしまったので使用した検査薬は一本きりでした。

来院は2週間後と言われたので行くまで毎日ドキドキと不安を感じながら過ごしました。妊娠が確定するまで両親には内緒にしたかったのですが、産婦人科に行く前から悪阻のような嘔吐が続きそれをきっかけに母親にバレてしまいました。

結婚後すぐに妊娠が発覚したので個人的にはもっと二人きりの時間を大切にしたかったし新婚旅行も行けなくなって悲しくて…と情けないのですが落ち込みました。けれど夫は心の底から喜んでくれて、妊娠陽性の反応が出た!というメールの後仕事中のはずなのにすぐに電話を掛けてきてくれました。

鼻声になっていてこちらまで泣いてしまいそうでした。もし大切なパートナーが居る場合は早目に伝えたほうが気持ちを共有できて安心かもしれません。

妊娠初期症状:胸やけ・胸の痛み・生理痛のような痛み

私は3回妊娠を経験しているのですが、今妊娠中(5ヶ月)の子の場合、生理予定日より
前から胸焼けのような気持ち悪さがありました。

生理が10日程ずれることもあったので、検査薬は予定日の2週間後に使いました。
1分後に判定が出るという検査薬を使ったのですが、30秒も経たないうちにくっきりと線が浮かび上がって思わず早っ!と言ってしまうほどでした。

とりあえず実家の母に妊娠の報告をして、検査薬の写真を撮って、主人にLINEしたのですが、検査薬の写真を見ても妊娠してるのか、してないのか分からなかったらしく、仕事から帰ってきてから報告したら嬉しそうにしていました。

体温や、おりものの変化は特に気にならなかったのですが、妊娠初期の頃はまだ息子が1歳になったばかりで授乳中だった為、胸を触られると痛みがあったり、お腹も生理痛のような鈍い痛みが続いていて、赤ちゃんに影響がないか不安でした。そのあとにすぐ離乳できたので、良かったです。

つわりはそんなにひどくなかったのですが5週目くらいから気になるようになり、
朝主人のお弁当を作っている時が一番大変でした。8週目頃には、ほとんど気持ち悪さは感じませんでした。貧血のような症状がひどく、(血液検査は正常でした)長いこと立っていると頭から血の気が引いていく気がして、スーパーで買い物していてもレジにたどり着く頃には、気持ち悪くなって顔面蒼白でフラフラになってしまいます。

夕食を作るときも休み休みで、なるべく椅子に座りながら作業しています。あとは常に喉の不快感があって、誰かに喉元を軽く押さえられているような圧迫感があり、おえっとなる時があります。

食べ物は今までの妊娠3回とも同じなのですが、白米が苦手になり、チャーハンやオムライスなどの味のついたご飯ばかり食べています。妊娠前はそんな事なかったのに、やたらラーメンの汁を飲み干したくなったり、味の濃いものが食べたくてしょうがないです。よく、しょっぱいものを好むと男の子、甘いものを好むと女の子と聞くので、2人目も男の子かな~?と思っています。主人は女の子が欲しいそうで、少し不満そうです。

1回目の妊娠で流産を経験しているので、なるべく心拍が分かる頃に産婦人科に行きたくて6週目に行ったのですが、まだ胎のうしか確認できず、妊娠確認をしてもらえたのは8週目の終わり頃でした。

流産がトラウマになっていて、毎回の検診が不安でしょうがないのですが、16週目頃から胎動を感じられるようになったので、安心できて嬉しいです。

妊娠初期症状:眠気・だるさ・胃のムカムカ

私は生理が始まる1週間くらい前によく出血する事があります。生理お知らせ出血と考え生理用品の準備を始めます。この時も出血がありました。ちょうど排卵後1週間くらいです。

それから1週間後、家族で牡蠣小屋に行った次の日、夜中にムカムカして目が覚めました。同じ時、隣で眠っていた夫も起きて「何か気持ち悪い」と言い出し、2人で「牡蠣があたった?」と話していました。

朝、出勤準備をしている時あまりにも気持ち悪くて少し吐いてしまいました。普段から吐くという事があまりない為とてもきつかったのですが、幸い私は医療事務をしていたので病院で薬をもらおうと職場へ急ぎました。

やはりムカムカがおさまらず、先生に相談すると牡蠣が次の日にあたる事はあまりないと言われ妊娠の可能性があるのなら薬は出せないとの事。でも仕事にならないくらいの体調不良を見かねた看護師さんが「妊婦さんがつわりの時点滴する薬剤だったら大丈夫」と先生に相談してくれて点滴だけしてもらう事になりました。

その日は1日体調不良でしたが次の日には回復。そしてその週末また出血。かなり遅れ気味だったけど出血を繰り返していたので気にしていませんでしたが、やっぱり妊娠してなかったかーとガックリしているとまた出血が止まってしまいました。

何かおかしいなぁと次の日の朝、検査薬を使ってみると陽性反応。排卵日から23日目でした。嬉しい気持ちでいっぱいで夫にいつ報告しようかとウキウキしていましたが、その日の夜、携帯で妊娠についてや妊婦さんのお腹の写真等見ていると急に不安になり眠れませんでした。

2日後ちょうど記念日だったのでそこで夫に報告しようと考えていた矢先、今度は職場で生理が始まったかのような多めの出血。先輩にコッソリ相談し少し抜けさせてもらいました。祈るような気持ちで産婦人科へ。

ちゃんと妊娠していますよと言われましたが出血は流産の可能性もある危険信号との事で薬を処方されました。妊娠の報告は1番に夫に知らせたかったのですが、結局職場の先輩に先に知らせることになってしまいました。

しばらくして母にこの事を話すと母の父親(私の祖父)も妊娠がわかった時つわりをもらってくれたのか、なぜか気持ち悪そうにしてたそうです。幸い、この時のムカムカが1番つわりらしいものでその後、特につわりに苦しめられることはありませんでした。

食べ物の変化も特になく、焼き魚の後味が嫌になってしまったくらいで聞いていた食事の変化も特になく(友人は壁を食べたくなったそうです)比較的楽な方だったと思います。

でも仕事が終わり帰宅すると一眠りしないと何も出来ない状態がしばらく続きました。
仕事中も昼休みはお昼寝をするようになり、常にだるさと睡魔との闘いでした。それから出血も止まり心拍も確認出来、順調に育っているようで安心しました。

妊娠初期症状:下腹部違和感・めまい・微量の出血・微熱・だるさ・においに敏感

私は不育症で何度か妊娠を経験していますが、初期症状がなかった時とあった時がありました。現在妊娠後期ですが、今回の妊娠が分かった時のことをお話ししたいと思います。

排卵日頃にゼリー状のおりものが出て、生理予定日数日前までは色も量も気にならないくらいのおりものが続いていました。

生理予定日の約1週間前から下腹部の違和感や頭痛、眩暈といった体調不良が始まりました。妊娠の初期症状なのか生理前のPMSなのかそわそわしながら過ごすこと数日。

生理から29日目に下腹部痛が強くなり、おりものに微量の出血が混じるようになりました。おりものの量自体はそこまで多くありません。漢方薬局で瘀血と言われていましたし、生理の経血量が増えるまで4~5日かかっていたので、生理なのか妊娠初期の不正出血なのか分からず、数日様子を見ることにしました。

この微量の出血は2日間安静にしていると治まり、生理は始まりませんでした。
生理から31日目に妊娠検査薬チェックワンファストを使用すると、陽性反応がすぐにはっきりと出ました。その後は自宅で検査薬を使っておらず、1本だけの使用です。妊娠判明後すぐに不育症の治療を始めることが決まっていたので、陽性が出た翌日、妊娠4週4日で病院に行きました。

陽性反応が出た日は主人にだけ話しました。翌日の病院受診で不育症の治療が始まり、仕事も休むことになったので、同居の義両親や職場にも早いですが報告しました。私と同じく流産経験がある実母にもすぐ報告し、妊娠10週まで週に1~2回ある通院の送迎をお願いしました。

体温について、基礎体温は測っていませんでした。生理予定日の数日前くらいから微熱っぽいような感じがし、普通の体温計で測ってみると37度。36.9~37.3度くらいの微熱が妊娠初期はずっと続き、身体がだるかったです。

気持ち悪さについては、心拍が確認できた8週頃から始まりました。吐くことはないけど、食べても食べなくてもずっと気持ち悪い状態が4ヶ月に入るまで続きました。食べてはいるので体重の増減はありません。味覚の変化は妊娠初期には特に起こらず、これしか食べれない!というようなことはありませんでした。(安定期過ぎてからなぜかご飯派からパン派に変わりました。)

妊娠が分かった頃から嗅覚が敏感になり、お線香・汗・豚肉などの匂いが辛かったです。妊娠が分かったのが8月なので、家族の体臭には悩まされました。
その他体調について、まだお腹が大きくなっていないのにうつ伏せが辛かったり、股関節痛があったりしました。

妊娠初期症状:だるい・眠気・生理日前の違和感がない・胸の張り・おりもの増えた

私が妊娠に気付いたのは生理予定日を1週間程過ぎた頃でした。普段から生理が周期ぴったりくる方ではなく数日ズレるのがあたり前という感じでしたが、いつもは生理予定日近くになると下腹部が重く感じるのに生理予定日を1週間過ぎてもその感覚がない。

まさかな~と思いながらも軽い気持ちでその日に妊娠検査薬を使ってみると数秒でクッキリと陽性反応がでました。よくよく考えると、その数日前からなんとなく身体がだるくて眠気も強かったのは妊娠の初期症状だったのかなと思います。

妊娠検査薬を試してからすぐ主人に報告。会社には、本来なら産婦人科に受診して妊娠が確定してから報告するものなのかもしれませんが、私の場合は介護職をしていた為、翌日も入浴介助や移乗介助などの力仕事をしなければならず、お腹の子供への影響が心配だったので直属の上司にも報告をしました。

妊娠検査薬で陽性反応が出て2日後には産婦人科を受診。自分の中でまだ妊娠しているという実感がなかったというのもあり、受診前にももう一度妊娠検査薬を使ってみましたが結果はもちろん陽性で、判定の線の色はさらに濃くなっていました。

診察は経膣エコーで、無事に子宮内に胎嚢が確認できました。先生によるとおそらく今妊娠5週頃で今のところ胎芽はまだ確認できないので2週間にまた来て下さいとの事。

その後の2週間は、ちゃんとお腹の中で育ってくれてるかな?とすごく不安な気持ちでした。つわりは全くありませんでしたが、胸が張っている様な気がしたのと、普段に比べておりものの量が増えたと感じるようになりました。

次の受診では無事に胎芽も心拍も確認できたのでそこでやっと母子手帳をもらいにいけ、すごく嬉しかったのを覚えています。

10週頃になると急につわりが始まり、食べては吐き、食べては吐きの繰り返し。お米が炊けた時の匂いがすごく気持ち悪かったのと少しでも食べると途端に吐き気を感じるようになり、かなり辛かったです。なぜか歯磨き粉の匂いと味も気持ち悪いと感じるようになり、一時期は歯みがき粉が使えませんでした。

そんな辛いつわりの時期も唯一食べれたのが梅干しでした。酸っぱいものが食べたくなるのでカリカリ梅、干し梅、梅昆布茶など、あらゆる梅製品をストック。

塩分のとりすぎになるので良くないのですが、その時は梅だけが救いでした(笑)
つわりが落ちついたのは20週頃で、そこからはご飯がおいしくておいしくて、とにかくたくさん食べていました。

妊娠初期症状:だるい・生理がくる感覚がない・微熱・おりもの量が増える・トイレが近くなる・食べ物の変化

私が体験した妊娠初期症状は、生理予定日の2~3日前よりなんとなく体がだるかったことから始まりました。そしていつもはなんとなく生理がくることを感じられるのにその感覚がいつまでたってもこなかったことです。

生理予定日前ははおりものや食べ物の好みに特に変化はありませんでしたが、とにかく毎日体がだるくてすぐ横になりたくなり、朝仕事に行くのもなかなか起きられない日が続きました。基礎体温も高温期のまま下がらず、平熱よりやや高めの日が続きました。

妊娠を希望していたので早く結果が知りたくて、生理予定日の前日と予定日に一度ずつ生理予定日の一週間後から試せる妊娠検査薬を使ってフライングで検査をしました。

どちらも時間がたつと、うっすらではありますが陽性を示す線が現れました。
妊娠が初めてだったので本当に妊娠しているのか今一つ実感することが出来ず、もしかしたら風邪か何かの病気か、単なる勘違いかと疑っていました。

検査薬を使って調べたことも買ったことすらも誰にも言わずに一人胸に秘めて数日過ごしました。主人も妊娠を気にしていたので生理予定日の3日後にもう一度検査しました。今度はくっきりと線が現れたので主人にはもちろん、実家の母にも話をし、最終検査日の翌日に母と一緒に産婦人科を受診しました。

ところが受診が早すぎたため何も見えず、一週間後にもう一度受診するように言われてしましました。それでも妊娠の反応があることと子宮外妊娠ではないことは教えてもらえました。

予定日から一週間過ぎた頃からおりものの量がいつもより増え、ショーツが濡れた感じがすると出血したのかと不安になり頻繁にトイレに行く日もありました。そこでおりものシートを使い始めました。

トイレも近くなり、一日に行く回数も多いと1時間に一回行っていたりととても増えました。また、つねに何かを口にしていないと吐き気とまではいきませんがなんとなく不快で、あめや簡単に食べることのできるおやつ、一口サイズのおにぎりなどを常に持ち歩き仕事中も口にしていました。

他にも辛い物が苦手だったのにキムチが平気になったり、担々麺やつけ麺などの辛い麺類を好んで食べたりできるようになりました。逆に甘いものが苦手になり、ケーキやシュークリーム、チョコレートなどは毎日のように食べても飽きなかったのにみるだけで胸焼けするような日もありました。

カフェインの影響があるから飲まないほうがいいと聞いていてもコーヒーだけはどうしてもは手放せず、休憩時間に一杯飲むと心も体もすっきりした気分になりました。

妊娠初期症状:生理が来そうなのに来ない・匂いに敏感

私がまず「あれ?もしかして?」と思った症状は、まだ妊娠したことに気づく前、そろそろ今月も生理が来るかな?と思っていた頃、生理痛らしき痛みは感じるのに、また織物もドロッとして生理が来そうな感じだったのに、一向に来なかったことでした。

そんな症状が1週間くらい続き、その頃基礎体温を毎日測っていたのですが、高温期が3週間近く続いていることに気づき、もしかしてと思い妊娠検査薬で調べてみたところ、陽性反応がはっきりと表れていました。生理予定日から1週間経った頃のことでした。

とはいえ当時35歳、高齢出産ということになり正常に妊娠しているかどうか不安だったので、陽性が出たからと言って誰かに言うということはしませんでした。妊娠検査薬で陽性反応が出たその日に、近所の産婦人科を受診し、妊娠していることが確認できました。その後主人や両親に伝え、みんな喜んでくれました。

妊娠が分かってすぐの頃、妊娠2ヶ月目くらいから、妊娠初期の不快な症状が出始めました。まず匂いに敏感になりました。寝具や洋服を洗った時の柔軟剤の匂い、歯磨き粉の匂い、洗顔料や化粧水、化粧品の匂い、冷蔵庫の匂いなど、今まで全く気にしたことのない匂いを強く感じました。特に冷蔵庫の匂いは気持ち悪くて、しばらくはマスクをした状態でないと冷蔵庫を開けられませんでした。

また、白米が食べられなくなりました。ご飯が炊ける匂いに気持ち悪くなることはなかったのですが、食べることはできませんでした。でもなぜか赤しそのふりかけを混ぜたごはんは異常に食べたくなったので、とても不思議でした。

つわりの頃は常に二日酔いのような状態で、何とも気分が悪かったです。しかし、こんなに気持ちが悪いのになぜか揚げ物が無性に食べたくなるのです。コンビニでコロッケやフライドチキンを買って帰ったり、特にマクドナルドのフライドポテトはおいしく感じ、その頃のランチは毎日マクドナルドに通うほどでした。

妊娠して間もない大事な頃なのに最悪の栄養状態でしたが、その頃は食べられるものを食べられるだけ食べた方がいいと思い、気にせず食べたいものを食べていました。
つわりで吐いたりすることはなかったし、食べられるものがあったので、つわりの症状はかなり軽い方だったのだと思います。

しかし毎日胸焼けがして何となく気持ち悪く、そんな中会社に行っていたので結構辛かったです。しかし妊娠3ヵ月後半くらいから不快な症状はぱったりとなくなり、妊娠前をはるかに超える食欲には我ながらびっくりしました。

妊娠初期症状:むかつき・おりものが出ない・食べ物の変化・においに敏感

妊娠は少し遅れて分かりました。私の月経周期は28日~35日程度で月によっては2回生理がある時もありました。

そんな私が、少し生理が遅れているなと感じながらも、遅れる事もしばしばあったので気にも留めていませんでした。ただ、夕飯ですき焼きを食べた時にお肉を1枚食べただけで胸のむかつきがありました。

丁度、鏡開きの時期でもあり、給仕の方がぜんざいを作ってくれました。毎年ぜんざいをたらふく食べるのですが、その時は全く食べる事が出来ないのです。少し食べれば吐き気がして、あれ程楽しみにしていたのに匂いだけでムカムカするのです。

そして、40日を過ぎても生理が来ない事にもしかして、と思う様になりました。私も看護師の端くれですので排卵の時期とセックスをした日を勘案してみました。もしかしたら妊娠かもしれないとようやくここで気が付きました。

予定の生理を2週間程過ぎてから妊娠検査薬で検査しました。検査する日もそれ位の方がいいので丁度良い時期でした。

普段ならおりものが出ている様な時期なのに全くショーツに汚れがないのです。妊娠するとおりものがでなくなるんだなと思いました。

そして何よりも悪阻が酷かったです。食べ物がまともに食べられません。私の場合は柑橘系が一切ダメでした。食べたいと思ったし、定番なのでいけるかなと思ったのですが、食べればもれなく嘔吐していました。

朝食を食べて嘔吐し昼食を食べて嘔吐、夕飯を食べて吐き気を催す生活を続けました。
しかし、体重は減りませんでした。食べられる時に食べておかないと!という思いがあったので、結構食べていました。

嘔吐に比べて普段よりも多く食べる結果になっていたのだと思います。
食べものの好みの変化はありました。ポン酢が無性に欲しくなったのです。冬だったので湯豆腐を作り、お肉や野菜の一切は要らないので豆腐とわかめ、ポン酢を薄めた物を好んで飲んでいました。今思えば塩分が多かったと思います。

体の痛みや体調の変化等はありませんでした。臭い以外は比較的無害でした。
胸も張るでしょ?と先輩ママに言われましたが、全くピンときませんでした。出産の後の方が張って仕方なかったです。

普通なら妊娠が分かれば直ぐに産婦人科を受診するものですが、私は仕事も埋まっていたので受診をしたのは検査薬をしてから更に2週間後でした。つまり生理が遅れて4週間後に受診したのです。妊娠初期は一番不安定な時期でもあります。

何かあるかもしれないと妊婦は神経質になるものですが、私は何となく大丈夫だろうと思っていました。タバコも吸わないし、お酒も飲みません。その時期には薬も服用していなかったのでそれだけでも安心していました。

受診をし出産を希望した病院は母親が勤務する総合病院です。そこで入院すれば母親が仕事がてら差し入れをしてくれると思っていました。しかし、受診時期が遅過ぎて、私の出産予定日のママ達の受け入れは既に終了していると言われたのです。その時応募していたのは次の一カ月のママ達だけだったのです。

なので、受診すらさせてもらえませんでした。
じゃあ、どこで産んだらいいの!?とたじろいでしまいました。妊娠が分かった時点で受診が必要だと知りました。母親にも呆れられました。結局、産婦人科のクリニックで出産を希望して受診となりました。

妊娠初期症状:胸の張り・熱っぽい・眠気・食事の変化

結婚式が終わった次の月から妊活を始めようと基礎体温をつけようかなぁと思い始めた頃でした。いつも規則正しくやってくる生理がこず、5日遅れに気づき、なんだか胸が張って熱感があるような気がしました。体もなんだか熱っぽく普段は35度後半と低めの平熱が36度後半となんだか微熱もあるようでした。

避妊はしていなかったのでもしやと思い、生理予定日より5日遅れでフライングだとは思っていましたが、気になって気になって仕方なかったためドラッグへ走り妊娠検査薬を購入しました。

2本入りの検査薬を購入し、ドキドキしながら早速試すとうっすらの陽性窓にブルー線の反応が出ました。「こんなに薄いもの?」あまりにも薄いブルー線だったので不安になって、その検査薬の写メを撮り、子持ちの友達にメールで「これ、妊娠してると思う?」と尋ねました。

「これは陽性でしょ、おめでとう」と返信があり、待望の妊娠だったのでとてもとても嬉しく次の日(生理予定日から6日目)に妊娠を確かなものにしたくて早速産婦人科に行きました。

案の定、医師に「来るのが早いよ」と言われましたが、産婦人科でも尿検査で陽性が出たこと、内診でも子宮内に胎嚢?が確認され妊娠が確定しました。

旦那さんの帰宅を今か今かと心待ちにして帰宅後、エコー写真を見せて二人で大喜びしました。

その頃から、異常に眠気が強く、仕事中もデスクに座ると船を漕ぐ状態、吐いたりはなかったですが、胸のあたりがどよーんとして常にしんどかったです。

食べ物はもともと辛いものを好んで食べることはなかったのですが、無性に辛いものが食べたくなり、チゲちゃんぽんを週に1回、旦那さんと食べに行っていました。

あとはコーヒー牛乳がやたらと飲みたくなり、コンビニに走ったりもしました。
とにかく眠気が強く、休みの日は家事もそこそこに一日中寝てしまう日もありました。

次第に胃のむかつきも強くなりましたが、どちらかというと食べづわりタイプであり、お腹がすくと気持ち悪くなるので、仕事中にお腹がすく前にウエハースや、チョコレートビスケットなどを隠れて食べたりしていました。

もともと胸は豊満な方なのですが、妊娠初期から胸が張るようになり、初期の段階からブラジャーが1カップ大きくなり、相変わらず熱感は続いている状態でした。おりものの変化や痛みなどはなく、幸いにも全体的に症状が軽かったので、一人目の妊娠初期は大きなトラブルもなく経過しました。

妊娠初期症状:タバコがまずい・眠気

現在、3児の母をしています。私が一人目の子の妊娠に気づいたのは結婚してから半年後のことでした。今まで普通に吸っていたタバコが極度にマズイと感じ、吸うことを苦痛に感じるようになりました。。

それと寝ても寝ても眠たく、暇さえあれば寝てしまうということもありました。しかしまだ生理が遅れていたわけではありませんでしたし、元々生理不順気味だったのではっきりとは分かりませんでした。

でももし妊娠していたら1日も早くタバコをやめなければいけないと思ったのと、妊娠したような…という直感もあり生理予定日3日前にも関わらずフライングで検査薬を行いました。

しかししばらく経っても陽性反応がなかったので間違いだったのだとすぐにゴミ箱へ捨ててしまいました。すると仕事から帰ってきた旦那がゴミ箱に入っていた検査薬を見つけ「妊娠したの?」と興奮気味で言いました。

陰性だったことを伝えると「えっ?これ陽性じゃないの?」と言われ慌ててゴミ箱から検査薬を取り出し確認すると陽性のラインがうっすらですが出ていました。しかし検査から数時間が経っていたこともあり確信できませんでした。

それから2日後にもう一度検査薬をやると判定時間内にうっすらと線が現れ、念のため次の日も検査薬を試しました。ここまでは全てフライング検査です。

合計5本の検査薬を使い、日に日に濃く陽性反応が表れるようになったので妊娠を確信しました。嬉しくてすぐに仕事中の旦那に電話をし、はっきり陽性反応が出たことを伝えました。

そのあと母に電話で報告し、仲のいい友達数人にも報告しました。そして嬉しくて生理予定日から3日後に病院へ行ったのですが早すぎたようでエコーで確認することは出来ず、2週間後に予約を取りました。

待ちに待った2週間が経ちましたが、その日は赤ちゃんの袋が見えたのみで、その2週間後に胎児や心拍を確認することがようやく出来ました。

その頃からおりものの量が増えたり、ご飯の炊ける匂いがダメになったりと変化が表れました。胸もブラジャーをするだけで痛みを感じたり、生理前のような腰痛も感じるようになりました。

そして、寒い時期だったとはいえ暖房の熱さで気持ち悪くなってしまうようなこともありました。

ですが妊娠が分かった日から冷えが大敵だと思い、毛糸のパンツを履いたり腹巻きをしたり、靴下で足を冷やさないようにと心掛けました。

飲み物もノンカフェインの温かいものを摂るようにしていました。

妊娠初期症状:風邪っぽい・だるい・耳のつまり・食欲が増す

妊娠した周期は、生理予定日1週間前に風邪を引いてしまい熱が38度でました。内科に行きましたが風邪だと診断されました。熱は3日ほど続きました。高熱が治まっても37度微熱がありました。毎日身体がだるく、なかなか風邪が治らないなーと思っていました。

微熱と同時に右耳に飛行機に乗っているときのような詰まった感じがありました。目眩や吐き気も少しあったので、風邪から耳の病気になったんだと思い込んでいました。

身体はしんどかったですが何故か食欲はいつもより増していて、よく食べていました。普段は甘いものが好きなのですが辛いものが食べたくなりました。カレーや麻婆豆腐などをよく食べていました。ガパオライスやトムヤムクンなど香辛料を用いた料理もよく食べていました。風邪を引いているから辛いものが欲しいのかな?と思っていました。

おりものに関してはいつもの生理前のおりものと同じで、特に変化はありませんでした。
胸には張るような痛みがありました。歩くと胸が痛かったです。しかしそこまで気になる程ではなく「生理前だからかな?」という感じでした。
妊娠していると知らなかったので性行為もしていました。主人には「なんか太った?胸大きくなってない?」と言われました。胸を触られると痛かったので、あまり触らないように頼みました。胸以外は特に問題なかったです。

熱が下がらないことと耳の詰まりが続いたので耳鼻科に行きたいと主人に相談したところ、ネットで色々調べてくれて「もしかして妊娠してるんじゃない?」と言われました。
「まさか」と思いましたが、生理予定日から10日後に検査薬を使用しました。元々生理不順だったので生理が遅れていることは気にしていなかったのです。
検査薬は2本購入しましたが、1本目すぐに濃い反応が出ました。尿をかけて数秒もせずに陽性が出ました。嬉しかったので、主人と実母に報告しました。

妊娠検査薬に陽性が出た翌日に産婦人科へ行きました。胎嚢が確認出来て妊娠4週目ということでした。このタイミングで義両親に報告しました。

妊娠初期症状:風邪っぽい・腰の痛み・胸の張り・乳首の痛み・イライラ

2人目の妊娠初期のお話をします。1人目の出産後、生理が再開してからも変わらず規則正しい生理周期でした。そろそろ2人目がほしいと妊活中、生理が予定日より1週間遅れていることに気付きました。

ちょうど友達が「妊娠した友達から妊娠検査薬をもらうと妊娠するらしいよ」と、検査薬をもらっていたので、早速試すと陽性反応がわりとくっきりラインが出ました。
嬉しくて検査薬の写メを撮り、旦那さんに送りました。

ちょうどその頃は時期的に風邪が流行っており、微熱、咳や喉の痛みがありました。今思うと妊娠初期症状だったのかなぁと思います。この時辛かった症状は、腰に差し込むような痛みがあったことです。

ズキズキというか、鈍い痛みというか、なんとも言えない痛みがあり、看護師で検査介助につかなければならない私には本当にきつかったです。

1人目の妊娠で、検査薬で陽性が出たからと言ってすぐ産婦人科に行っても心音も確認できないということを学習した私は、検査薬に陽性反応が出た1週間後に産婦人科に行きました。

結果、内診で胎嚢が確認され、心音もわずかに聞こえるとのことでした。(念の為、また1週間後にきてねと言われましたが)

1人目は比較的妊娠初期症状は軽かったのですが、2人目の症状はきつかったです。
つわりが早い段階で始まり、食べても食べなくてもムカムカ、ムカムカするけど食べたいし食べてはムカムカが我慢できなくなり、トイレで吐いたり、入浴中もお風呂のにおいがダメで浴室で吐いたりもしました。

この時に救われた食べ物はカップ麺のうどん、とろろご飯、プラムです。後はレモン系の炭酸飲料でした。食べてもなかなか消化せずずーっと胃の中に食べ物や飲み物が滞在している感じでした。

体も常にだるく、仕事から帰った後や休みの日は横になっていることが多かったです。
風邪のような症状もなかなか治らず、薬も飲めなかったので咳と喉の痛みがずっと続いていました。1人目と同じ症状は、胸の張りと熱感です。

あとは乳首の痛みもあり、服や下着でこすれるとヒリヒリ痛みがありました。
おりものの変化は1人目と同様なかったです。妊娠初期症状なのかはわかりませんが、つわりのしんどさもあったからか、感情の起伏が激しかったです。

些細なことでイライラしたり、不安になったりして旦那さんによく当たっていました。
ゆっくり入浴し温まるとリラックスできると聞きましたが、上の子との入浴、浴室のにおいで吐き気を催すため、リラックスできずつらかったです。今思うと、この感情の起伏の激しさも初期症状だったのだと思います。