学資保険はいつから入るべき?妊娠中・出産前が人気でおすすめ!

スポンサーリンク




妊娠中(出産前)に学資保険に加入

もし生まれてくる子供のために学資保険の加入を考えているなら、出産前に手続きを終えてしまった方が安心です。産後は育児に追われてしまうし、少しでも早く加入した方が返戻率も高くなっています。

妊娠7ヶ月~妊娠8ヶ月

学資保険の必要性を考えている人は妊娠中に契約を済ませています。お腹が大きくなっても、妊娠7ヶ月~8ヶ月なら比較的自由に動ける人も多いですよね。

出産前に加入を考えている人にはベストな時期です。

出産前、妊娠7ヶ月の時に主人と私2人の保険を見直すついでに学資保険も加入しました。

妊娠8ヶ月で仕事を退職したため、時間に余裕がありのんびりと出産準備を行う事が出来る状況でした。産後は学資保険について知らべる余裕は無いだろうと思い、妊娠中に加入しました。

妊娠7ヶ月になった時、子どもが生まれると考えたら給料もあまり高くないので少しでも早めに子どもの学資を貯めようと思い加入しました。

義理の母の知り合いが保険会社の方だったので出産前の妊娠7ヶ月の時に加入しました。

妊娠9ヶ月頃

出産すると赤ちゃんのお世話に追われてしまうので、出産前に加入しておいた方があわてなくて済みます。

もし学資保険へ加入すると決めているなら妊娠9ヶ月までに加入しておくのがおすすめです。

出産してからだと子育てに追われてなかなか時間がとれないため、妊娠中に色々な学資保険を検討し、一番返戻率がいいものに加入しました

子供が生まれたら、何かとお金がかかりそうなイメージでしたので、貯金かわりに学資保険に加入しました。生まれてからだと、赤ちゃんに手がかかり何かとめんどくさくなってしまい後回しになりそうでしたので。

産後はバタバタしてなかなかゆっくり時間がとれないし、忙しくなると思ったので妊娠中に検討して契約までしておこうと思ったからです。

妊娠中も仕事をしており窓口は平日のみで保険加入する時間がなかった。そのため出産休暇に入った9ヶ月に加入した。

子供が生まれてからだとゆっくり話を聞いたり契約も出来ないので前もって動いた。姉から話を聞いていて入る保険は決めていたのでそこで契約し出生後名前を連絡することになった。

妊娠10ヶ月(臨月)

臨月での加入はお腹が大きくて大変かもしれませんが、それでも出産前に加入しておけるなら、その方が出産後は育児に専念できますね。

店舗へ行くのが難しい時には自宅に訪問してくれるファイナンシャルプランナーに相談することもできます。

妊娠10ヶ月の時、子供の将来(主に大学の入学時)を考え、手元の資産を有効かつ安全に運用する方法を考えたとき、学資保険に行きつきました。

旦那の仕事の都合が合わず、なかなか一緒に保険屋さんに行けなかった。本当は妊娠7ヶ月頃から検討してゆっくり決めたかったけど臨月になってしまいました。

いくつかの保険を自分で検討して、その後保険屋で最終的に2社に絞って再度スタッフと相談して決めました。

産後に学資保険に加入

出産してすぐ(産後1ヶ月以内)

学資保険への加入は、「出産してすぐ」という人がとても多かったです。

赤ちゃんが生まれた後に親に何かあったら困る、生まれたらすぐに将来の事を考えたいと思う人が多いようです。

妊娠中から検討はしていました。やはり親に何かあった時でもしたいことをさせるための手助けになればと思い産後すぐに加入しました

産後すぐに私の養老保険が満期になり、保険金が支払われることになった。その保険金をどのように使うかを考えていた時、窓口の人より学資保険の案内があった。

主人の年齢が関係ある学資保険だった(主人の終身保険として積立ができる)し早くに加入したほうが金額が安かったので生まれてすぐ加入しました。

後回しにしてしまうと加入する事を再度考えなくてはいけないので、産まれたらすぐに加入するように決めていました。

元々生まれたらどこか学資保険には加入するつもりでした。しかしどこがいいか比較もできず分からない状況だったので親戚が勤めている保険会社に加入することにしました。

学資保険加入は早い方が良いと両親に言われたので赤ちゃんの生後1ヶ月検診後に保険屋さんに家に来てもらい加入しました。

妊娠中からどこの会社の返礼率が良いかを調べて、産まれてすぐに一番良いものに入れるように準備しました。

知り合いのファイナンシャルプランナーに相談していたので、その時期(子供が生まれてすぐ)に申し込みをするような話になっていた。

夫の生命保険と加入一緒に検討し、夫に何かあった時になんとかなるように担当者に金額を計算してもらいました。加入したのは出産後すぐです。

子供が産まれたら、お金がかかることを母に口酸っぱく言われていたので出産前から色々と調べて出産直後にすぐ学資保険に加入しました。

子供が生まれるまではあまり考えていませんでしたが、生まれてすぐに子供の将来を考えて学資保険に入っておいた方が良いと感じました。いろんな保険会社の学資保険を見比べて加入しました。

出産前に、親から「学資保険に入っていると安心だよ」と言われたもののバタバタでなかなか調べられずにいました。結局、いつもお世話になっている生命保険の担当の方に相談した方が早いとなり、産後すぐに呼んで来てもらいました。

夫が加入している保険の担当の方が出産後に訪問して下さったので、そのタイミングで手続きをしてもらいました。

夫の親戚の人が保険の仕事をやっているので、生後1ヶ月で加入しました。

本当は産まれる前に契約したかったのですが、里帰り出産で早めに実家に帰ってしまっていたことと、主人の仕事の都合が合わなくて(契約者が主人のため)産後になってしまいました。

友人に「将来のことを考えて積み立てがたの学資は必要だよ!」と勧めてもらって、産後1ヶ月で友人の入っている保険会社の担当さんを紹介してもらった。

早く加入した方が支払いの金額が少なくなるため、出来るだけ早く加入したかった。実家に里帰り中だった為、産後すぐに夫の知り合いの所で加入しました。

若くして子供を授かったので、お互いの両親のアドバイスもあり、将来の子供のことを考えて、家計は苦しかったけど出産後すぐに加入しました。

初めての子供で無知だった私に母が学資保険を勧めてくれたので早めのほうがいいと思い産後の里帰り時にすぐ加入しました。

子供が産まれて、退院したらすぐに契約しに行きました。加入後、親になった実感がすごく湧いたのを覚えています。

何事も早めのほうがいいし忘れないように準備もしていた。自分で貯金するよりかは確実にお金の足しになると思い産後すぐ加入しました。

子供が生まれたので貯蓄とは別に学費を用意したくて加入を決めました。他にも貯蓄はしていましたが、もう少しほしいと思ったので加入しました。

産後2ヶ月~5ヶ月頃

出産してすぐは育児に追われているため、産後3ヶ月頃に加入したという人もとても多いです。

赤ちゃんが生まれてから具体的に考え始めて、比較検討に3カ月ぐらいかかったという人も多いようです。

自分に何かあったときの事を考えて、赤ちゃんが3ヶ月の頃に加入しました。

たまたま知り合いに保険屋さんがいて、入っておいた方が後々楽だよ、と聞いたので産後3ヶ月で入ることにしました

少しでも早く加入したほうが得だといわれ加入3ヶ月の時に加入しました。

誕生してから考え始め、3ヶ月の頃ちょうど知り合いに保険外交員がいたので紹介してもらいました。里帰り出産でしたが、そろそろ夫の方へ戻らねば、と思って支度を始めた頃でした。

自分では積み立てできないし、きちんとした学資保険に加入していれば先々お金に困らないと思い、早ければ早い方がいいと思ったので3ヶ月で加入しました。

子どもが生まれ、貯金もあまりできていない状態だったこと、妊娠中に主人が病気になり医療保険に入っていたおかげで金銭的に助かったこともあり、4ヶ月の時学資保険に入ることを決めました。

児童手当てをそのまま保険に当てたかったのと初めての児童手当てが支給された時に記念にもしたかったので、3ヶ月頃に加入しました。

生後3ヶ月頃、小さいうちから今後を見据えて出来るだけ早く保険を組もうとしていました。毎月の金額を少なく出来るように考えていました。

少し前から主人の保険加入を検討しており、産後2ヶ月で学資保険についても一緒に検討することになりました。

子どもが産まれ、4ヶ月の時に学資保険への加入を考えてFPに相談しました。いくつかの保険会社を比較しシミュレーションしながら絞りました。

生後2か月頃、銀行に子ども名義の口座を作りに行ったら窓口のお姉さんに学資保険に加入しているかどうかを聞かれたので、ついでに説明を聞いて検討する流れになった。

最初は妻名義で契約しようとしたが加入出来ず、夫名義で加入し直す為、主人の仕事が休める日がその頃(生後5か月)だった。

自分も学資保険に加入していたし、普通に貯金するよりも利率がいいので加入する方がいいと思い生後3か月で加入しました。

生後3か月の時に、子どもの将来のために預金通帳を作りました。そのついでに学資保険にも加入しました。

子供が生まれたら学資保険への加入が必要だと漠然とした考えがありました。生後3ヶ月頃タイミング良く保険会社の方から声を掛けてもらいました。

生後3ヶ月で加入しました。出産前に返戻率の良さそうな生命保険会社3~4社から見積もりをとり、どこの保険会社で契約するかを決めておきました。産後はバタバタするので事前に調べておいてとても良かったと思っています。

赤ちゃんが3ヶ月になった頃、出産祝いで方々からいただいたお金を預けるため口座を作りに行った郵便局で学資保険に加入しました。

そろそろ少しの時間なら一緒に外出しても大丈夫だと思った産後2ヶ月頃、パパの休みが重なったので一緒に店舗に行き加入しました。

妊娠中から将来の事を考え学資保険に加入する予定でした。産後少し落ち着いたため、産後3ヶ月で主人と相談し決めました。

子供が生まれた事をきっかけに今かけている保険を全て見直しました。その際に学資保険の説明を受け、小さい時から入っていると負担が少ないことを知り生後3ヶ月の時加入しました。

自分の保険の見直しをしに窓口へ行った際に子供の学資保険について勧められ、学資保険への加入はなるべく早い方がいいと言われたため3ヶ月で加入。

妊娠中から考えていたが、どこの会社にするのかなかなか決まらずにいました。4ヶ月ごろ、やっと子育ての目処がついたので保険会社を決め加入しました。

産後6ヶ月(半年)頃

産後6ヶ月ぐらいになると、赤ちゃんのお世話も少し落ち着いてきます。

学資保険についてゆっくり考える時間もできる時期だし「早めに加入しよう」と思っている人にはちょうどいい時期かもしれません。

もともと妊娠中に加入できる学資保険を検討していたが、出産準備や里帰りでバタバタしたり、産後も育児に慣れるまでは保険を検討する暇がなかった。結果的に生後6ヶ月にようやく加入できた。

産まれてすぐ加入しようと思って産まれてから探していましたが、いろいろなところのいろいろな学資を比べているうちに6ヶ月経ってしまいました。

本当は出産後すぐにでも加入したかったんですが、思ったよりも育児に手がかかり断念しました。育児になれて、やっと落ち着いてきた生後6か月で加入出来ました。

0歳のときに加入したほうが安くなると説明をしていただいたので、子供が生まれて半年後くらいに加入すること決めて契約しました。

出産前から加入できることを知らなかった。生後半年頃、友人から加入時期は早い方が積立計画も色々立てやすいと聞きき、すぐに加入しました。

出産のため里帰りをしている間に、いつも実家に営業に来ている担当者に勧められたことがきっかけでした。しばらく旦那と検討して、長期休みで実家に帰省した生後半年頃に加入手続きをしました。

生後すぐより学資保険加入は考えており、何社か調べていたが、月々の掛け金、内容とも合致する保険が見つかったのが生後半年頃でした。

学資保険についていろいろ勧誘を受けながら、自身で調べて内容、仕組みをある程度理解し、加入しようと判断したのが生まれて半年経った頃でした。

産後7ヶ月頃~11ヶ月頃

学資保険にはいずれ入ろうと思っていました。生後11か月頃、たまたま銀行へ行ったときに子どもを連れていたら学資保険をすすめられたのでそのまま加入することにしました。

生後9ヶ月の頃、知り合いの担当者に進められて加入しました。受け取り金額が掛け金より多くなることが決めてでした。知り合いだったから相談しやすかったです。

子供が1歳になった頃

学資保険は早く入った方が返戻率が良いのが一般的です。「1歳頃にはそろそろ加入を決めないと」と考えている人が多いです。

産後すぐはそういった手続きなどになかなか行くことが出来なかったし、余裕もなかった。子供を連れて外出出来るようになった1歳に落ち着いて手続きしました。

私たち夫婦は始め学資保険の存在を知りませんでした。しかし夫の両親が、なんでもよいから何か一つ学資保険に入りなさいと勧められたので1歳で加入しました。

定期預金で貯金しようと思っていたが保険会社の人にすすめられていい商品だと思ったので加入した。子供が1歳の時でした。

私の母が、私が生まれてすぐに学資保険に加入してくれていて、大学入学時にだいぶ助かったと聞いていました。小さい頃から入った方が月々の支払いが少ないとのことで、1歳の頃に加入しました

上の子に加入した時は払込期間が17年間でしたが、8歳歳下の下の子の時は親が40代になってしまい払込が13歳までしか組めませんでした。少しだけ若い妻の方の名義で1歳の時に加入しました。

上の子は3歳頃に加入しましたが、早く加入すれば月の支払い額が低いのかなぁと思い、下の子は1歳前後で加入しました。

主人が入っていた生命保険会社の人が私に子どもが生まれたことを知り、学資保険を勧められました。将来のことを考えて早いうちに入っておいた方がいいという結論に至り、ちょうど1歳になった時に入りました。

知り合いが保険の営業をしていて学資保険について教えてもらいました。将来のことを考えると加入した方がいいと思い1歳で入りました。

もともと周りから学資保険を勧められていましたが、色々と考えていたら、あっという間に1歳になってしまい、慌てて入りました。

低年齢で加入した方が掛け金が少なくても、満期の受け取り額が多い。掛け金をなるべく抑えたかったので1歳で加入しました。

本当は返戻率の良い生命保険を検討していたのだが、悩んだ結果1歳で学資保険に入ることにしました。

1歳になる前に加入すれば保険料が安くなるという事だったので、子供2人とも1才になる前に加入しました。

元々興味を持っていて10社ぐらい資料を集めていました。入る保険会社が決まったのが1歳頃でした。

少し前から学資保険の事を考え始めたのですが、きっかけがなかったので延びていました。母が保険の事で担当の人と話していたことがきっかけで1歳の頃入りました。

子供が2歳になった頃

生まれてすぐに学資保険に加入しようと思っていたけど決めかねていた人や、子供が2歳になって将来のお金の必要性を改めて感じた人もいるようです。

元々は学資保険に加入するつもりはありませんでした。こども手当を学校用にと思っていましたが、家を購入したのと同時に子どもにどれくらい費用がかかるかということを改めて学び、2歳で加入を決意しました。

出産後すぐに加入したかったのですが、保険を色々聞いてもどこが良いのか分からず2才ぐらいまで決めることができませんでした。妻が仕事復帰をするタイミングで金銭に余裕が出来たので加入しました。

2歳で加入しました。出産前から学資保険に加入しようと思っていたのですが、どこが一番いいか良い選んでいる間に引っ越し等でバタバタしてしまい、後回しになってしまった。

無事生まれてからにしようと考えていたので、妊娠中は全然考えていませんでした。ネットで検索して、実際に相談して2歳になってようやく加入しました。

子供が3歳になった頃

子供が3歳の頃ケガをして、その時に母から「子どもはいつ大きなケガをするか分からないからケガの保険は大事よ。学資も貯金出来ないなら入っておきなさい。」と言われた。そこで学資保険に加入することにしました。

3歳以降

子供が少し大きくなってくると、お金がかかることに現実味を感じてきます。学資保険はあまり大きくなってしまうと加入できなくなるので、入れる時に入っておくなら早い方がいいですね。

毎月普通預金で積み立ててきていたものを貯蓄性の高い方法にしたいとの考えで3歳頃学資保険に加入しました。

子供が幼稚園に入園した時、色々な保険会社の見積もりを出して貰いました。月々の支払いの金額に差があまり無かったので昔からの知り合いのおばさんの保険会社に頼む事にしました。

子供の将来のことを考えて、貯蓄しておかなければと思いました。自分に何かあっても安心なように4歳で加入しました。

上の子と下の子が6歳差なので、学校への入学時期がかぶってしまいます。貯金だけでは不安になり4歳の頃加入しました。

子供が3歳になった頃、離婚しました。親権を得て働き始めたものの、将来に不安があったため少しでも子供の学費にと加入をしました。

そろそろ5歳になるという頃、小学生になる為の準備を始めていました。そこから、将来の進学先のことなど具体的に考え始め学資保険に加入しました。