学資保険の選び方!通販保険会社で適正額を選ぶポイントや得する選び方

スポンサーリンク




学資保険はどうやって選ぶ?先輩ママが選んだ決め手はコレ!

学資保険は妊娠中や子供が生まれたら加入を検討しますよね。でもどうやって選べばいいのか迷ってしまうし、自分の体調や赤ちゃんのお世話に追われて情報を集めるのも難しい!

自宅で完結する通販で学資保険に入りたいと考えている人もいると思います。

まずはどのような選び方があるのか見てみましょう。

<スポンサーリンク>

返戻率が高い

■一人目の時は返戻率が圧倒的によいものがあり、それにしました。二人目はどこも返戻率に大差がなかったので、結局一人目と同じ会社でドルの学資保険にしました。

■保険に詳しくなかったですが、早めにかけといたほうが返戻率も高くなると言われたので早めに加入しました。

■返戻率が高めでそれが一番の決め手でした。産後に契約となるとすでに返戻率が下がることがもう決まっていたので、妊娠中に契約を交わしました。

■加入当時に低金利の影響で、すでに返戻率が下がっていました。その中でも返戻率がよかったので決めました。

■インターネットで調べで返戻率が良かった事と、兄弟で加入するとさらに掛け金が安くなると知ったのが決めてです。

■保険料を全額払うだけの余裕があり返礼率が良かったので契約することに決めました。

■保険代理店で勧められた他の保険と比較たところドル建ての保険と迷いました。為替リスクがあるため、返戻率の高い円建ての学資保険に決めました。

■夫の両親がいろいろ学資保険について調べてくれました。その結果一番返還率が良い学資保険に加入することにしました。

■保険の総合窓口で色んな保険会社の学資保険を検討しましたが、返戻率がよかったので学資保険の代わりにもなる生命保険にしました。

■資産運用の一環でもあるため、返戻率を最重視して決めました。

■何社かの学資保険と比較をしてみてやっぱり返戻率が高いものを選びたいと思って、夫婦で話し合って決めました。

■学資保険を扱っている保険会社を複数確認して検討したが一番返戻率が良かったので決めました。

■ネットの返戻率ランキングを調べて、それが決め手となりました。

「返戻率が高い」とは、払った保険料に対して受け取る金額が大きいことを意味します。そのため、学資保険に加入する際には少しでも返戻率が高い保険に加入するという人が多いです。どの保険の返戻率が高いのか比較検討したい時にはFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番早いです。

信頼できる会社

■テレビCMもやっている、ネット検索でも上位、更に私自信も幼少期に加入していて信頼出来る保険会社だと思い加入を決めました。

■他社とも比較検討はしましたが加入時の返戻率はあまり変わらないように感じました。大手企業が安心だと思い、現在の学資保険に決めました。

■保険会社の資本がしっかりした会社であることが決めてです。

返戻率よりも会社の安全性を優先する人もいました。自分が安心して任せられると思う会社の学資保険に加入することも検討材料です。

自宅近くで加入する

■近所の郵便局で加入。小さい子を連れていくには都合が良かった。

■家のすぐ近くにあった保険の代理店だったのですが、親身になって話を聞いてくれたり、金額も納得いく金額だったためそこに決めました。

■初めてのことで何もわからず、近所に会った保険の総合窓口に行き満期の金額で加入しました。返戻率を比較してもらいました。

■当時はあまり学資保険のことがわかっておらず、近くの郵便局の学資保険に加入した感じです。あとからほかの学資保険もあることを知りました。

自宅近くに相談できる場所があれば、そこを利用して加入するという人もいました。

家族・友人からの意見を聞く

■親も私が小さい時にその保険に加入しており、親の勧めで加入しました。話を聞きに行くと、担当の方がとても親切に教えてくれて安心しました。

■上の子が3歳頃、幼稚園のママ友と話をしていて、やはり学資保険に加入してた方がいいと言われ、信頼出来てすぐ資料を用意してくれたから加入しました。

■義理の母に「知り合いの保険会社の方から子供が生まれるのであれば学資保険に加入した方がいいと言われたんだけどどう?」と言われたので加入することにしました。

まずは自分の家族や友人の意見を参考にする人もいます。学資保険の必要性がよくわからない場合には実際に必要性がわかっている人の意見は参考になるはずです。

保険会社担当者・ファイナンシャルプランナーに相談する

■担当が知り合いだったので、何よりも直接会って話して納得し話を聞けたのでそれが決め手となりました。

■返礼率がよかったことと、担当が自分の知り合いなので頼みやすかったこと、親身になって話をきいてくださったことが決め手です。

■保険の担当者が詳しく説明してくれたことと、学費を自分達だけで貯金をして貯めていくよりも、同じ金額なら学資保険として貯めた方が良いと聞いたことが決め手になりました。

■保険会社の知人に話を聞き、将来子供の教育費に少しでも足しになると言われ、自分で貯めていく自信がなく加入しました。

■親戚に保険会社の人がいたので話を聞いた。安心感と納得できる内容だったので加入を決めました。

■友人のお父さんが保険の担当者で、詳しく説明して下さったり親身になって一番いい保険を提案してくださったことが決め手になりました。

■担当者さんが育児中の女性で何にお金が掛かってくるか細かく説明してくれたので、自分の加入している保険会社で学資保険も加入しました。

■主人の保険会社の人にはずっとお世話になっていて、熱心でいい方でした。子どもについても理解があり、学資保険についても詳しく教えてくれ、優しく丁寧に対応してくれたのでそのまま学資保険でもお世話になることにしました。

■長年付き合いのある担当者に、学資保険の事を尋ねたところ、こちらの要望を重視した保険を提示してくれたので決めました。

■友人に紹介してもらった有能で信頼できるファイナンシャルプランナーがいて、商品の内容もよく説明もわかりやすかったので加入しました。

■数ある学資保険を自己流に比較検討しても、どれがいいのかよくわからなかったのでファイナンシャルプランナーに相談して決めました。

■ファイナンシャルプランナーにファミリープランを立ててもらいました。子供にかかるお金と私が今後得ることのできる収入を考え早い段階から保険を掛けた方が安心とわかったので加入を決めました。

もともと知り合いだったり、新たに相談したFP(ファイナンシャルプランナー)の意見を参考に決めた人も多くいました。信頼できるプロにお任せできれば安心ですね。

無料でFPに保険相談するなら⇒訪問型の無料保険相談

まとめ

学資保険の適正額を選ぶポイントは「自分が払える金額」で「受け取る時の返戻率が一番高い学資保険」を比較検討することです。加入時の子供の年齢や親の年齢によって条件も変わってくるので、全員に対してこれが一番おすすめと決めるのは難しいところがあります。

そして、妊娠中や育児中でなかなか外に出られない場合は通販型の学資保険を検討する人もいるでしょう。

しかし、学資保険は一般的には通販で加入することができず、対面式で契約をします。

出かけるのが難しいという理由で通販を検討している人は、自宅にファイナンシャルプランナーに来てもらい「どの学資保険に入るのが得か」相談してみましょう。

納得できるまで自宅で比較検討ができるので、小さい子供がいても安心です。

<スポンサーリンク>